Q&A

保険付きコンクリートとは 保険付きコンクリートとは導入メリット保険付き生コン保証制度の枠組みQ&A

Q&A

瑕疵保証制度とは何ですか。

注文者に「瑕疵保証書」を発行し、生コンクリートの品質を保証して出荷します。万が一保証内容を満たさないような瑕疵が発生した場合に1事故20億円を上限とした補償を行うことができる制度です。

Back To Top

なぜ保険は必要なのですか。

万が一の品質瑕疵が発生すると巨額な賠償が必要となる場合があります。この時、大半が中小企業で構成される生コンクリート製造工場では支払えない賠償額を保険で補うことができます。さらに、コンクシッドシステム社の保証制度に加盟するためには、本制度専用の監査を事前に受けることが必須であり「事故を起こさせない仕組み」が存在しています。これにより大型補償を担保とした「瑕疵保証書」を発行することが可能で、あらかじめ品質を保証して出荷できることが大きな特徴です。

Back To Top

保険にはどの工場も入っているのですか。

コンクシッドシステム株式会社との加盟条件をクリアし、加盟契約を結んだ工場のみ保険付き生コンクリートを出荷できます。

Back To Top

どんなときに保険は適用されるのですか。

出荷した生コンクリートが「瑕疵保証書」に基づく要求性能を満たしていないこと(瑕疵)そのものを保証します。

Back To Top

保険の適用期間はどのくらいですか。

最長10年間
生コンクリート工場が毎年保険を更新することを前提にしています。 

Back To Top

なぜ責任範囲を明確にできるのですか。

半製品の生コンクリートは固った後、目で見ただけではどこの工場の製品かわかりません。
また、手元に書類があっても、その内容と目の前のコンクリートが本当に同じものかどうか、 確実な証明ができません。製造開始時点でICタグを材料に入れ込むことで、情報と製品の対応をより確実なものに出来る為、硬化後も「いつ、どこの工場で出荷した製品なのか」という製品の「責任所在」を明確にできます。

Back To Top

ICタグとは何ですか。

無線で情報の読み出し・書き込みが可能なICチップを内蔵した電子部品。

Back To Top

ICタグの大きさはどのくらいですか。

20mm×17mmの大きさです。

Back To Top

ICタグを生コンクリートに入れると品質などに影響はないのですか。

影響ありません。
ICタグは生コンクリート製造過程で壊れないことやコンクリートの品質に有害な影響を与えないことを求められる為、ICタグの品質性能試験を半年に一度、試験センターで行っています。
ICタグ入り保険付き生コンクリートはJISの認証を受けているのでJIS製品として出荷できます。

02  01

Back To Top

ICタグにはどんな情報が入るのですか。

製造日時、製造工場などの情報が入っています。

Back To Top

ICタグは生コンクリートに何個入るのですか。

2㎥に1個です。

Back To Top